家族の形に合わせた素敵な住居スペース|快適な空間を整える

家族でマンション暮らし~お手頃物件が豊富な中野区

中野区の新築ファミリー向けマンションで家族と暮らす

綺麗な部屋

中野区は周辺区域の杉並区や新宿区と比べ、新築マンションおよびその他の住宅の相場価格がお手頃です。交通アクセスや、商業施設、子育て支援制度も多くありファミリー層にとても人気が高い街「中野区」をチェックしておきましょう。

 男性イラスト

4人家族で新築のファミリー向けマンションに住む場合、最適な間取りってどのくらいなの?

出典:中野区新築マンション(@nifty不動産)

※これらの価格には、仲介手数料や消費税、その他諸経費などは含めていません。

出典:東京都中野区エリア 中古マンションの価格相場・詳細情報(ウチノカチ)

新築マンションを購入する際には家族の人数に合わせた最適な住宅の大きさや間取り、その地域のマンション価格相場を把握しておくことがとても大切です。これから物件選びをするという人は、その地域の物件情報をしっかりと確認しておきましょう。また、地元に詳しい中野区の不動産会社で物件を探してみるのもいいかもしれません。

新築マンションの価格を周辺地域と比較

マンション相場比較の図表	ビルと木

次に中野区以外の新築マンションの価格を確認していきましょう。(こちらでは3年未満のマンションを新築としています。)グラフが示すように中野区は都心部に近いのにも関わらず、比較的安い価格でマンションが買えることが分かります。

実際の間取りを知ろう

男性イラスト

具体的な間取りの大きさと価格相場は分かったけど、実際に生活するときに必要な部屋の種類や部屋の数ってどうなるの?

とあるマンションの間取り

このように、ある程度の間取りを想定しておくことでスムーズにマンション選びを進めることができます。まずはこれからの家族の形やライフスタイルなど、これからの未来図を想定しながら本当に必要な部屋の種類や数を考えてみましょう。

こどもの成長プロセスで間取りを考えよう

家族

先ほどは標準的な新築ファミリー向けマンションの間取りを紹介しました。ですがお子様がいらっしゃる場合は、少しだけ間取りにこだわりを持ってみましょう。お子様の年齢に合わせて最適な間取りを選択しておくと、家族のコミュニケーションをより円滑に取ることができます。家族の関係を良好にできる空間づくりの方法を、いくつかの例を見ながら確認していきましょう!

幼児期は畳間がマスト

和室

お子様が生後わずか、もしくは幼児期である場合の理想的な間取りは、ずばりリビングやダイニングの隣に畳間がある間取りです。幼児期はなんといっても「育児がいかにしやすいか」というのが最大のポイントになります。リビングやダイニングなどで家事を行ないながら、お子様を見守ることができるというのは、かなり育児を楽にすることができるでしょう。では実際に育児をしている育メン(育児をするメンズ)が語る畳間の魅力をいくつかご紹介しましょう。

~育児における畳間の魅力~

家事をする男性 男性イラスト1

31歳/男性/会社員

休日は積極的に洗濯物や掃除などの家事を行なっています。畳間だと洗濯物を畳むときに便利ですし、走り回るこどもを、自分の側で遊ばせておくことができるので安心ですね。

男性イラスト2

28歳/男性/自営業

畳間が近くにあると、こどもの様子をうかがいながら料理や掃除を行なうことができるので楽です。少し離れた場所にこども部屋があると、いちいち作業を中断しないといけないので少し不便かもしれません。あと、最近は畳間で親子そろって川の字で寝るのが幸せなんです!

思春期は絶妙な距離感がカギ

室内にいる子ども

快適な住まい

こどもの成長は親が考えているよりも、ものすごく早いものです。思春期を迎えたこどもたちの行動や考えに対して、戸惑いを覚える親御さんも少なくありません。そこで解決策となるのが、家族が集まるリビングやダイニングの近くに、こども部屋を置くという間取りです。そうすることで自然と会話が生まれる、アットホームな住まいにすることができます。

笑顔の家族

子育ての先輩パパが語る~自然にコミュニケーションが取れる間取り~

男性イラスト3

46歳/男性/会社員

うちの子にも反抗期がありました。ですが、幸いリビングの真横にこども部屋があったため、娘が望んでいなくても、毎日顔を合わせることができましたね。学校から帰ってきてすぐ部屋に入ろうとする娘に対して、一言話しかけるなど積極的にコミュニケーションを取るようにしました。するといつのまにか反抗期も過ぎ、向こうから自然に話しかけてくれるようになりましたよ。

男性イラスト4

63歳/男性/無職(年金暮らし)

私には息子が2人います。本人たちは気にしていないようでしたが、親としてはこどもにもプライベートな空間が必要だと感じていたので、1つずつ部屋を与えていました。その時にしていたのが、こども部屋とリビングの仕切りを引き戸にしていたということです。そうすると息子たちの状況を気配で確認できました。彼らが独り立ちした現在は、引き戸をなくし広々としたリビングスペースにしていますよ。

こどもの年齢に合わせて間取りをちょこっと工夫することで、家族のコミュニケーションが取りやすい絶妙な空間を作り出すことができます。これからマンション購入を検討している人はこれらの意見を参考にしてみるのもいいかもしれません。

ファミリー向けの住宅設備に注目

あってよかった!30代世帯のおすすめ住宅設備

こどものことを考えると、以前までは特に必要のなかった住宅設備が重宝したりします。家事や子育てをより快適にするのであれば住宅設備にもこだわりましょう。ちょっとしたことのように思えますが、クオリティ・オブ・ライフを高めたい人は要チェックです!

おすすめ住宅設備ランキング

住宅設備ランキングのグラフ

ランキング1位は「床暖房」でした。小さなお子様がいる場合も、床暖房にしておくことで寒い冬を暖かな室内で過ごすことができます。そして2位には「浴室乾燥機」。忙しい毎日を過ごしていると、意外とたまってしまうのが洗濯物です。浴室乾燥機があれば、自然乾燥よりも手早く効率的に片付けられるため、ぜひともそろえておきたい設備ではないでしょうか。そして3位には「追い炊き機能付きのバス」がランクイン。家族と働くパパさんの入浴タイムが異なるという家庭は少なくありません。追い炊き機能付きのバスがあれば、お風呂に入るたびにお湯を入れ替える必要もありません。水道代を節約することで経済的負担も軽くすることができます。住宅設備は家族全員が快適に過ごすためにはとても大切です。ファミリー向けマンションを選ぶ際には、今後の生活を具体的にイメージして必要な住宅設備をピックアップしておきましょう。最近の新築ファミリー向けマンションには、住まいを快適にする数々の住宅設備が設置されています。

出典:プロのオススメする30代ファミリー向け住宅設備ランキング!(いえ・まち・くらしがギュッ!athomeVOX)