こどもに優しい街でのびのび子育て|最高の環境を選択

中野区はこどもがすくすく育つ

中野区の子育て支援制度

笑顔の男性

まずは上の表をご覧ください。2012年に「こども・子育て関連3法」が成立してから、国内の子育て支援制度の内容は23区各自治体によって異なる動きを行ない始めています。支援制度の利用を考えている場合は、地域の情報をチェックしておきましょう。もちろん、中野区でも、子育て支援の多様化が進められています。各種子育て支援制度を設けており、ファミリー層には大変住みやすい街です。こちらでは、中野区の子育て支援制度の内容を紹介していきます。

まず「こども医療費助成」というのは、通院や入院の際に15歳まで医療費の助成を受けることができるというものです。東京23区では通称「マル乳(乳幼児医療費助成制度)」や「マル子(義務教育就学児医療費の助成)」という可愛らしい名前で呼ばれています。「妊婦健診の公費負担」は、妊婦健診を受ける際に費用を区が負担してくれるものです。妊婦さんが里帰り出産で、中野区以外の病院で健診を受けた場合でも助成が認められます。また「認証保育所等の入所者への保護者支援」は、認証保育所利用時の負担軽減を目的とした制度です。これらの助成制度には、対象になる人物や施設などの条件が細かく定められているため、中野区公式ホームページを確認しておきましょう。

緊急時でも安心~中野区の小児科~

小さなこどもがいるご家庭であれば、急な病気やケガに対して万全の準備を整えておくことが大切です。まずは安心して任せることができる病院やクリニックを把握しておきましょう。中野区で評判が良い小児科クリニックをいくつかご紹介しますので、メモのご用意を。

子どもを診察する医者

田沼内科小児科医院

田沼内科小児科医院は平日毎日19時まで診療を行なっています。受付時間が長いので通いやすく、緊急時の診療にも対応してもらえる可能性の高い小児科医院です。そしてこちらのクリニックでは、現在の混雑状況をモバイル端末で確認することができるサービスを実施しています。クリニックが空いているようであれば、その場で簡単に予約をすることも可能です。ドクターが親身になって話を聞いてくれるので、気軽に相談してみましょう。

クリニックの中

野方こどもクリニック

野方こどもクリニックでは、咳や発熱、下痢、嘔吐、腹痛等のこどもに多い症状はもちろん、気管支炎や肺炎などの小児呼吸疾患に対しても専門的な治療を受けることが可能です。また、こちらのクリニックは毎週水曜日の診療が乳児検診予防接種のみとなっています。クリニックを利用する際にはあらかじめ確認しておくといいでしょう。予防接種のみを希望するのであれば、水曜以外でも対応してくれますので問い合わせてみましょう。

ナースと子ども

しばた こども&アレルギークリニック

しばた こども&アレルギークリニックでは、こどもの風邪やインフルエンザなどの治療だけでなく、小児喘息やアレルギーなどの症状にも対応してくれます。また、こちらのクリニックでは電子カルテを導入しているため受付、診療、会計までの流れがとてもスムーズです。待ち時間が少ないため、ぐずつきがちな小さなお子様でも安心です。14:00~15:00の間は各種予防注射、乳幼児健診の予約専門外来のみの受付になるため、受診する際はあらかじめ時間の確認をしておきましょう。

こどもと一緒に大人もスタディ

こどもと一緒に大人も学ぶことができる学習施設が中野区には豊富に存在します。こどもに対して「知識を得ることはとても有意義である」ということを伝えるのは大人の責任であり義務です。それならば、楽しみながら学べる中野区の施設を活用しないという手はありません。それではいくつかの施設をご紹介しますので確認していきましょう!

中野区立中央図書館

大人と子ども

中野区立中央図書館は48万冊もの蔵書数を誇る、都内でも有数の大型図書館になります。こちらの図書館は児童書スペースが広く、小さなお子様でも快適に使用することができます。また、図書館のスタッフによる「おはなし会」が定期的に開催されるため、幼児学習への活用に最適です。おはなし会は、毎週水曜15:15~16:45と土曜13:30~14:00、14:30~15:00、15:15~15:45に開催されています。(2016年4月現在)誰でも無料で参加することができるため、気軽に参加してみましょう。「公式HP」の「こどもページ・おはなしかいカレンダー」から詳細を確認することができます。

なかのZEROプラネタリウム

プラネタリウム

こちらでは、天井いっぱいに投影された映像を見ながら、星の名前や星座、それらにまつわる神話、天文現象が学べます。解説員がその場で解説しながら進行してくれるので、知識がない場合でもすんなりと理解することができます。またプログラムも幼児や小学校低学年向けのものから、小学校・中学校以上を対象としたものまであるため、お子様の年齢に合わせて学べるのも魅力的です。入場料金は高校生以上の大人が230円、3歳から中学生までが110円となっています。(2016年4月現在)先着順でチケットが販売されるため、時間に余裕をもって購入しましょう。ちなみに、こちらの施設の一般利用は土、日、祝日のみになります。(イベントの都合で変更有)平日は学校関係やその他団体のみの受付になるため注意しておきましょう!

野方区民ホール 

ホール内

野方区民ホールは「野方WIZ」という複合ビル内の地下にあるホールになります。毎月、演劇や講演会、リサイタルなどが定期的に行なわれています。なかでも「なかのZEROこども劇場」の人気はとても高く、大人でも見ごたえのあるミュージカルを楽しむことができます。ミュージカルの内容は定期的に変わるため、飽きずに何度も足を運んで楽しむことができます。豊かな想像力と読解力などを養わせたいなら、ぜひ親子一緒に舞台を楽しんでみましょう。自宅へ帰る電車の中で、舞台について語り合えば親子の絆をさらに深めることができるかもしれません。